スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の写真

お正月以来、写真を全く上げていなかったという事実!実際は色々な場所で撮って来てはいるんですが、なんということでしょう。上げるのをサボッていたら1年近くに……。なんかもう今年は色々ダメですね。


まずは冬に撮った、雪の積もった八幡掘。
hachimanyuki02.jpg
雪景色は過去に上げているので新鮮味はないかな?ここは桜溢れる春、雪景色になる冬の両方とも風情があって好です。

続いて春に桜を見に行った彦根城。
hikonesakura01.jpghikonesakura02.jpg
hikonesakura03.jpghikonesakura04.jpg
お堀周囲が綺麗。お花見の定番となっている金亀児童公園周辺は、桜祭りの時期だった事もあって凄い人出でした。天気は雲が多めで残念でした。

蓮の見頃である初夏に草津の烏丸半島へ。
hasu01.jpghasu02.jpg
こちらも雲が多めという生憎の天気でしたが、約13haという蓮の群生地は圧巻の一言で一見の価値あり。

同じく初夏、奈良県高市郡明日香村にある稲渕の棚田。
inabuchi01.jpginabuchi02.jpg
inabuchi03.jpginabuchi04.jpg
田植えが始まるのが他より随分遅めなんですね。ちゃんと調べてから行けば良かった……正直言って、行く時期を間違えました。残念。行くなら彼岸花が咲く頃がベストだと思います。

残暑厳しい9月頃。石積みの門前町として有名な滋賀県大津市坂本町の町並み。
sakamoto01.jpgsakamoto02.jpg
sakamoto03.jpgsakamoto04.jpg
sakamoto05.jpgsakamoto06.jpg
比叡山延暦寺の門前町として栄えた町。重要伝統的建造物群保存地区。山と坂と琵琶湖の対比が素晴らしかった。こういう町並みはやっぱ癒される……。右下の写真は本家鶴喜そば。創業280年。母屋は築130年近いんだとか。

10月頃に行った信楽陶器まつりの様子。
shigaraki01.jpgshigaraki02.jpg
信楽陶芸の森。とにかく物凄い人出。広大な駐車場が満車で入れない上、周囲何キロにも渡って駐車場待ちの車の列が……。五条坂の陶器まつりといい、陶器に興味ある人ってそんなに多いのかと驚いた1日。特別展「しがらきやきⅡ-大西忠左と勅旨の名工たち」も見てきました。その技にはひたすら感嘆。

滋賀彦根旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)。
ohama01.jpgohama02.jpg
庭園特別公開中という事で行って来ました。あちらこちら傷んでいたり雑草も放置されていたり、建物や庭の保存活動はまだまだこれからという感じかな? しかし紅葉はなかなかのもの。


マキノピックランドを縦貫するメタセコイア並木の紅葉。
metaaki01.jpgmetaaki02.jpg
ここは落葉した頃一度来ていますが、たまには趣向の違う紅葉を見に行くのもいいんじゃないか、という事で。いやぁ、この光景が数kmに渡って続くんですが、そこを車で走り抜けるだけでも満足出来るんじゃないでしょうか。気分はOutRun(OLD CAPITAL)ですよ!

しかし、メタセコイア並木へ行く途中に寄った「藤樹の里あどがわ」という道の駅の充実度は、他とは一線を画すものがありますね。さすが「じゃらん」道の駅ランキングで2012年関西エリア総合一位に選ばれただけの事はあります。思わず色々買ってしまった……。滋賀の道の駅は全て行きましたが、マーガレットステーションとここで2強という印象です。

以上、駆け足で今年撮った写真を並べてみました。他にも沙沙貴神社、ヴォーリズ建築で有名な伊庭家住宅、彦根胡宮神社の紅葉等々の写真もあるんですが、流石に多すぎるだろうという事で諦めることに。ちなみに伊庭家住宅は住友活機園に行く機会があれば、併せて紹介する事があるかもしれませんが……。

コメントの投稿

非公開コメント

音楽家の惠藤憲二と申します
日記いいですね

No title

FC2のブログに、全く同じ名前で全く同じ内容のコメントが集中的に投下されているみたい。しかし内容が当たり障りなさ過ぎて意味が判らない。どういう意図なんだろう……

No title

社壊人のGunというオジサンです
日記イイデスネ

というのは冗談です
まぁただのかたっぱしにカキコしてるだけじゃないの
ボットみたいな存在かとw

No title

いつもなら自動投稿系はスパムと判断してサクっと削除するんだけど、今回はそう断定する内容さえ無いというw
Calendar
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。