スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画繋がりで本屋さん

小説買っても読む時間が!と、積みがどんどん増えてゆく。発売日買いしたのに積んでそのまま5年熟成している小説を見つけた時の脱力感ったら。うわぁorz

そーいや「時間は作るもんだ」とかよく言われる。一理あるのは認めるけれど、そもそも娯楽に関しては色~んな意味で余裕がないと楽しめなくなるものだからなぁ。それ故に時間を作って云々ってのとは相反する部分があるような気がしてならない。……ならないんだよ!(キリッ ……いやホント何でもないですorz

長浜の本屋さん。正直いつ撮ったか覚えてな(ry

最近は地方でさえ大型店に駆逐されるばかりの本屋さん。その大型店でさえ駆逐する勢いのネット販売網。いずれこういった趣ある本屋さんも絶滅してしまうんでしょうか

コメントの投稿

非公開コメント

娯楽は時間をむしろ潰す物だと私は考えてるんで
別に無理に消費する暇が無ければそれでいいんじゃないかと
時間がないと楽しむ余裕がなくなるのも確かにだよね
ただ逆に時間が余っても…って気分の時も有るけどね

それにしても懐かしい本屋さんです
未だにこんな本屋さんが現存してるのね、一応かなり遠方で見かけたけど場所的に駐車するような場所が近所になかったのと別に興味なかったので入りませんでした^^;
結局大型店の方が品揃えが良いし、ネットの方が更にって感じなんでw
趣は確かに在ると思うんですが、だからといって何か特別な事があるわけでもないしねぇ

こんばんみ~。
娯楽が楽しめる、という前提なら時間を作って云々ってのも判るんですけどね。娯楽が心の慰めとして機能しているのは確かだし。問題は色々と逼迫した状況で娯楽を楽しむだけの心のゆとりが持てない相手に「ストレス発散しろ!楽しめ!」「時間がない?時間は作るもんだ!」って言われても無理なんだよーという心の叫びなのでした。

本屋さん。私も利便性を基にした競争と淘汰という点から自然な事だと思います。何も本屋に限らず様々な業界全体で起こってる事だしね。ただ私の場合はそれとは違った感傷的な部分で「こういう風景が消えていくのは勿体ないな」と思う事が多いんですよ。下町、古い商店街、路面電車が走る風景etc。確かに特別な事は何も無い、というか寧ろ不便なんだろうけど。でも効率だけを追い求めた先の風景というのは一体どんなもんなんでしょうね。機能的ではあるだろうけれど綺麗過ぎて味気ないんだろうな……。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。