スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星のふる里ふじはし

環境省が毎年夏と冬に行っている全国星空継続観察に於いて、全国3位(平成4年度冬)になった実績のある岐阜県旧藤橋村へ行ってきました。満点の星空という触れ込みだったので、前から一度行ってみたかった場所その二であります。できれば天体観測用双眼鏡とか色々準備してから行きたかったんですが、何しろ突発的に決まったせいで何も準備できず……それはそれで純粋に星空を眺めればいいかー、といった感じでダラダラと出発。

まずは道の駅「星のふる里ふじはし」に。どこからこんなに集まってきたんだ!と言いたくなる程の盛況ぶり。130台くらいの駐車スペースがほぼ埋まっていました。

道の駅としての規模もかなりのもので、名産品売場・情報館・レストランといったお馴染みの施設にプラスして蕎麦処や温泉まであるじゃあーりませんか。そりゃ人も集まるわー(^^;あと妙にウコンが目についた。名産っぽいけれど(健康云々は別にして)どうも木の皮っぽい味がするからお土産にするのは厳しいかな……。


夜になるまでかなり時間があったので、突発的に藤橋城と西美濃天文台へ。本当は日本最大級(総貯水容量6億6000万立方メートル)という徳山ダムへも行きたかったんですが、GW中はダム駐車場閉鎖かつシャトルバス最終便が14:30との事で既に終了していた為に断念。残念すぎる。
fujihashi004.jpg
fujihashi002.jpg
藤橋城の1Fはなんとプラネタリウムで、ドーム径は9.2m、投影機はミノルタMS8です。お城にプラネタリウムってなんかちょっと斬新ですよね。西美濃天文台は口径60cm反射望遠鏡とデジタル方式の太陽望遠鏡が設置されているそうです。本来は予約が必要らしいんですが、当日はなんと「星を見る会」という張り紙がしてあり予約不要となっていました(・∀・)私は入りたかったんですが、時間が微妙だったのと他の場所にも行きたいという友達の意見に負けて断念……orz 今回は断念した場所多すぎwやっぱりちゃんと予定たてて来ないと駄目ですね!

藤橋城のすぐ横にある藤橋歴史民俗資料館です。
fujihashi003.jpg
二百数十年前に建築された民家を移築したものだそうです。二百数十年前って……凄いなぁ。なんだかここだけ時間が止まっているような感じ。

途中の道にある横山ダム。
fujihashi005.jpg
意外な迫力が……ゴクリ。



で、ここまで見てきて判る人には判るでしょう

デジカメ持っていくの忘れました(笑)

当然星空なんぞ撮れるわけもなく(つд⊂) なので今回は肝心の天体写真はありません。(というかコンデジでもまともに星空が撮れるとは思えないんで、今後一眼も視野に入れようかと思っている今日この頃)ああ……普段の数倍はあろうかという規模の星空をお見せできないのが残念。超残念。初見の人はたぶん「うおー……」って声が出ます(笑)

ただちょっと今回、疑問に思った部分も。

星のふる里として売り出している割に、光害対策に少し無頓着な気がしたり。
fujihashi006.jpg
街灯ひとつとっても妙に明るい照明が使用されていましたし。勿論、ある程度山奥に向かうと別世界ではあるんですが、かなり離れていても白々と見える灯りに「星のふる里」という名称との齟齬を感じられずにはいられないというか。星空への本気度を疑いたくなる部分が散見されたのはちょっと残念だったかな。

それでも十分凄い星空ではあるんですけどね。今後への期待も込めて敢えて言うならば、という感じです。

コメントの投稿

非公開コメント

やはり、携帯でしたか、微妙なぼけ具合と、発色で直ぐに分かりましたw
せめて色だけでもと補正してみても、意外と難しいもんですよね…

こちらも予定では1泊で遊びに行こうとか思ってたんですが、
色々とありまして日帰りになったりと…w

田舎の空気と、夜空。いいですなぁ…
のんびり眺めてみたいものです。

しかしデジカメが欲しい今日この頃(爆

今回の写真、若干シャープにしてコントラストを
上げてますが補正だけではどーにもなりませんねw

それにしても普段から田舎に住んでは居ますが、
人口密度が極端に低いド田舎の夜空は別物です。
機会があれば一度眺めてみる事をお薦めします。
でも星空とか身近過ぎて、案外気合いを入れない
と行けなかったりするんですよね(^^;

デジカメ結構楽しいですよ。最近はコンデジでも
かなりいい画が撮れますし。
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。