スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡上八幡

岐阜県、長良川の上流に位置する郡上市(郡上八幡)に行ってきました。国土庁によって水の郷百選に認定されているだけあり、町の至る所で綺麗な水が流れる用水路が見られます。(ちなみに近江八幡も水の郷百選に認定されています)

以下写真です。
まずは郡上八幡旧庁舎記念館へ。昭和11年に建てられた洋風建築です。

平成6年まで町役場として使われていた建物で、平成10年に国の登録文化財に指定されたそうです。中には観光案内所や無料休憩所があります。奥にはお土産の販売コーナーもありました。なんだか近江八幡の白雲館と似た臭いで親近感が沸きました。ここで観光マップなどを貰うと良いかも。

郡上八幡旧庁舎記念館を出てすぐ横にある新橋からの眺め。

郡上八幡の町の中央を流れる吉田川。長良川最大の支流で、とても透き通っていて綺麗です。さすが水の町だけあります。ちなみに奥に見えるのが宮が瀬橋です。

新橋を渡り少し行った場所にある柳町筋。
gu_h021.jpg
古い町並み。隣家との境にある袖壁が独特の雰囲気を醸し出しています。屋根の軒出しを支える形で斜めになっている部分がそうです。密接する家屋の防犯や延焼を防ぐ意味があるのだとか。道の脇には柳町用水が控え目に流れており、その音も含めとても癒されます。

安養寺の手前にある童地蔵。

右側の水は飲むことができますが、滝の水はどうやら飲めないようです。この先にある安養寺本堂前はちょっとした小公園の趣でした。どこを撮っても絵になるのが凄い。

郡上八幡博覧館。郡上八幡の魅力をテーマ別に紹介している展示場です。

1日4回、郡上踊りが実演されているようです。建物は大正時代に建てられた旧税務庁舎で、古い町並み保存運動の一環として保存されたそうです。時間の関係で中に入れなかったのが残念です。

長敬寺前のポケットパーク。

こういう一角が町中にいくつかあるのですが、これだけでも郡上八幡の町並み保存への力の入れようが判りますね。

蓮生寺前から鍛冶屋町の通り。城下町の風情です。

職人町から鍛冶屋町へ至るこの道も古い町並みが続きます。柳町と同じくこちらにも清らかな用水が流れています。それぞれの家々には風鈴が吊されていて、用水の水音との相乗効果でとても涼しげでした。

有名な郡上おどりの像。

郡上おどりとは日本三大盆踊り、日本三大民謡(郡上節)に数えられる伝統的盆踊りで、毎年7月中旬から9月上旬まで延べ32夜開催されるそうです。この像と並んで記念写真を撮る観光客の姿が目に浮かぶようです。ちなみに私達は撮りませんでした。

宗祇水(白雲水)。清水橋のたもとにある郡上八幡の代表的な湧水。

昭和60年、環境庁選定の日本名水百選の第一号。室町時代から連なる立派な史跡で、連歌の達人である飯尾宗祇がこの湧水の傍らで庵を結んで愛用したことから「宗祇水」と呼ばれるようになった、とのことです。

江戸時代の古い商家群。いかにも商家という建物が並びます。

手前が斉藤美術館。国の登録文化財に指定されており、茶人であった斎藤家のお茶道具や書画が展示されています。奥がおもだか家民芸館で、鮎の画家として名高い水野柳人が集めたこの地方の民芸品が展示されているそうです。どちらも趣ありますね。

やなか水のこみち。

斉藤美術館とおもだか家民芸館の間を入ったところにあります。用水に沿って柳の並木と蔵屋敷が並んでいます。石畳には長良川や吉田川の玉石約8万2千個が埋めこまれており、やや大きめのポケットパークという印象です。大抵の観光客の方々がここでちょっと良い顔になるとのこと。確かに言われる通りここで歓声を上げられる方が多かった気がします。

宮が瀬こみち。なかなかにワイルド……。

宮が瀬橋近くの川岸づたいにある親水遊歩道です。川岸にせり出すように建てられた建物が軒を連ねています。郡上八幡独特の町並みと言えるかもしれません。夏には川風が入り気持ちよさそうですね。ちなみにここから川に降りる事も出来ます。宮が瀬橋の袂には鮎釣りをする人が。途中通った長良川でもそうですが、釣りをしている人が物凄く多かったです。

いがわ小径。郡上八幡を代表する有名な場所です。

郡上八幡旧庁舎記念館の横にある用水で、鯉がたくさん泳いでいました。町を網の目のように走っている用水路の基幹水路だそうです。共同洗濯場や野菜洗いなど生活の一部としても利用されていましたが、最近では観光客にカメラを向けられるのを嫌がって、ここで洗濯をする人は昔と比べて減ったそうです。

郡上八幡城。郡上八幡のシンボル。

八幡山の上に建っているため、町のどこからでも見上げる事が出来ます。4F建ての天守からは郡上八幡の町を一望できます。入場に300円かかりますが、あの景色を見ればそれだけの価値はあるかと思われます。ちなみに現在の天守閣は大垣城(当時)を参考に昭和8年に再建されたものだそうで、模擬天守としては全国的にも珍しい木造です。

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。