スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようならイエナさん

明石のプラネタリウム 半世紀の歴史に幕 機種変更へ

まさか!? っていうのが本音です……。 思っていたよりもずっと早く引退の日が来てしまいました 昨年6月に紹介し、老体とはいえもうしばらくの活躍を期待していただけに、ショックが大きいです。

同社の大型投影機は、かつて国内で四台が使われていたが、現在も使われているのは二台。同館の投影機が最も古く、機械の特性を熟知した職員が大切に扱ってきた。しかし、部品が調達できないなど維持管理が困難になり、現役を引退することになった。


長年関わってこられた職員様方の心中を思うとホロリときます。 イエナさん愛されてたんだなあ、って。 もっともっと現役を続けて欲しかったというのが本音ですけれど、維持管理の問題という現実的側面から見ると、どうしようもないんでしょうね……。

引退するその日には相当数のファンが集まるかもしれませんね。 私も都合が合うならぜひ駆けつけたいと思います。

参考リンク
プラネタリウムはいかがでしょう?(かき消される声は雑音)
イエナさん、お疲れ様・・・(涙)(clover note)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イエナさん、お疲れ様・・・(涙)

【明石のプラネタリウム 半世紀の歴史に幕 機種変更へ】 明石市立天文科学館(同市人丸町)は開館五十周年を迎える二〇一〇年度までに、国内で使われている中で最も古いプラネタリウムの投影機を新しい機種に変える。開館以来、延べ約七百五十万人の来館者にきらめく星空

コメントの投稿

非公開コメント

コメント&TBありがとうございました

こんばんわ、魅紅と申します。

イエナさん、職員の方々にとても愛されているようですよ。
昨年夏、明石に行く前に撮影の可否について科学館にメールで問い合わせたのですが・・・
『今年で46歳のカールツァイス・イエナを是非、撮影してください。』
とのお返事を頂きました。
この文面を見た時、「あぁ、イエナさんは皆に慕われているんだなぁ・・・」と感じたものです。

投影機と言う特殊な機械(あえて機械といいます)とは言え、ここまで大勢の人々に想いを寄せられる機械もなかなかないでしょう。
退役までまだしばらく期間がありますので、出来れば再びイエナさんの星空を見に行きたいものです・・・

こちらこそありがとうございます

そちらの記事でイエナさん現役引退を知った時、しばらく信じられませんでしたよ。 「え?」という感じでした。 今年はいつ頃行けるかな? と考えていた矢先でしたから。 ちょっとした放心状態に……。

>『今年で46歳のカールツァイス・イエナを是非、撮影してください。』

素敵な返答ですね~。 明石市立天文科学館さん。 しかし、今年で47歳かぁ。 せめて50歳までは……と思うのは一ファンの我が儘なんでしょうね。 退役が具体的にいつになるかはまだ判りませんが、それまでにもう一度明石に……。 あの星空は……目を閉じるように指示され、合図と同時に目を開けた瞬間のあの光景はそうそう忘れられるものではありませんが、今一度目に焼き付けておきたいものです。

投影機を保存展示することも検討するとの事ですが、これだけはぜひ実現して欲しいですね。

「明石市立天文科学館」といえば、私の生まれの地兵庫県の地元なので、
色々と感慨深い物がありますね。

私もプラネタリウムとか好きなので、子供の頃から定期的に観に行ってます。
最近では、昨年も観に行きましたね。
(ここじゃなくて、今住んでる福岡の天文科学館ですけど…)

とは言え、私なんてミーハーなので、
投影機がどうのこうのなんて、今まで気にも止めなかったです。
さすがに、明石に行ってどうのこうのとは思いませんが、
今回の話題で、「阪神大震災」等の色々と過去を思い返させていただきました。
兵庫県は、私にとっての思い出の聖地なのです・・。

あう、こちらにもレスがΣ(〃▽〃;)
気づくのが遅れましたごめんなさい。  そういえばミラちんは昔、兵庫
に住んでいたんですね。 そこから福岡ってかなり遠くに引っ越したん
ですね。 ちなみに私は中部と近畿を行ったり来たりでしたw

投影機について知ってる人って、プラネタリウムに通っている人でもあ
んまり居ないと思います。  というかそれが普通じゃないかな~。 私
はちょっとした縁で気にするようになりましたが……。 でも色々知ると
見方が変わって面白いですよ。 機会があったら、福岡の天文科学館
で使われている投影機について調べてみると面白いかもよ(*^ー゚)b
Calendar
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。