スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年振りのTool紹介

現在愛用中のTOOLを紹介。何気に5年前にやったきりでした。

LhaForge
総合アーカイバ。Lhaplusから乗り換え。こちらは64bitOSに正式対応。DLLも自動収集してくれます。でもメインはやっぱりEXPLZH。完成度が違う。

Media Player Classic - Home Cinema + ffdshow
動画プレイヤー。結局これがメインに……悔しい。GOMも入れてありますが、ffdshowの設定次第で重さにかなりの差が出ます。

Avira AntiVir
アンチウィルスソフト。AVG2011から乗り換え。前のPCで問題が頻発(起動時フリーズ、firefoxの動作阻害)したのがきっかけ。こちらの方が軽い気がします。機能性ではどっこいでしょうか?ウィルス検出率ではトップ常連。

firefox
WEBブラウザ。一時期はOperaも使っていましたが、firefoxの痒いところに手が届くアドオンの便利さから離れられず。ちなみに32bit版。64bit版がβで出ているものの、アドオンが未対応では意味がないので。

Jane Style
@ch用ブラウザ。えまのんからの乗り換え。使いやすいです(^q^)

Orchis
ランチャー。64bitOSには公式未対応ながら継続使用中。ちょっと特殊な使い方をしているので他のランチャーでは代替が効きにくいのです。

まめfile5 second edition
64bitOS対応の高機能ファイラー。こちらもかなりカスタマイズして使っているので離れられず。超便利。

VxEditor
テキストエディタ。起動の速さ・動作の軽快さ・シンプルなUI・強力なGrep機能という、必要十分にして必要最小限という稀有なエディタ。

Binary Editor BZ
バイナリエディタ。使用頻度はそれ程多くないけれど無いと困っちゃう。

smoopy
青空文庫形式対応テキスビューア。テキストを縦書き表示にしてくれます。青空文庫ユーザー必携。

AIMP2
音楽プレイヤー。Winamp→lilith→JetAudio→foobar2000→AIMP2。流れ流れて元に戻ったみたいな。個人的にはKbMediaPlayerの後継も欲しいなー。

EdMaxフリー版
メーラー。フォルダごと移動させれば新PCに移行完了という手軽さに負けて継続使用中。

XnView
画像ビューワ。長らくお世話になったVixから乗り換え。表示対応フォーマット400種類以上・出力対応フォーマット50種類以上。様々な画像編集&管理機能を持っている高機能画像ビューワです。これとMassiGraを使い分ければ無敵かも?

Tween
Twitter用のクライアントアプリケーション。タブの振り分けが便利で使ってます。

うんづ
FM-TOWNSエミュレーター。元うんづユーザーとしてはこれを手放す訳にはいかない!

Core Temp Add Ons
CoreTemp連動のサイドバーガジェット。CPU温度の監視及び動作クロックのリアルタイム表示が可能。アイドリングの1.2GHzからTBで一気に3.3GHzへ跳ね上がるのが目視できて楽しい

GPU Observer
サイドバーガジェット。GPUの詳細情報をリアルタイム表示。用途は温度&ファンスピードの監視。


5年前とは使うソフトも随分変わってます。OSも変わってるので当然と言えば当然かもですが。

スポンサーサイト

テーマ : おすすめソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

FF14ベンチ他

移行作業がほぼ完了。これまで愛用していたソフトはすべて利用可能で一安心。ビバWOW64!ですよ。プリンタもドライバが提供されていたのでちゃんと動きました。これなら確かにXPモードは必要ないですね。いざとなったらXP互換モードもありますし。

しかし思っていた程の世代差は感じないものの、細かい部分でいろいろと快適になっているのが判ります。自分にはかなりオーバースペックな感じがしますが……。しかしネトゲ等あっち方面に手を出したらこのスペッコでも不足だったりするのが恐ろしい。

という訳で恒例のFF14ベンチ(サムネです)。グラボ購入時の儀式みたいな感じ

Highでやや快適。今のところは安心。でもPSO2が出る頃にはどうなってるやら…
(追記)
後から気づいたけれどLOADTIMEが異常に遅い。遅いと言ってる他の人でも2万前後なのに4万超えてるとか笑えない。SATA300で500Gプラッタなのに。静音モードのせい?謎すぎる

HWMonitor

温度はそれ程上がってないっぽいです。グラボ温度がmax時で51℃
実際は67℃(^^;4gamerレビューの高負荷時69℃という結果を反映したものに

新しいPCがやって来た

オリジナルカスタマイズの為、納期は14~21日先との事だったのですが何故か1週間と少しで到着。10万程で収まった事といい上位代替電源への交換といい嬉しい誤算が続きます。とりあえず各接続の確認と初期設定だけ済ませました。初期不良も(今のところ)無さそうです。前回はいきなりマザーの初期不良で交換だったからなー。


うーむ、無限弐 Rev.Bが超でかい。メモリ増設する時はクーラーファンずらさないと駄目っぽいです。そしてそれにしても静かすぎワロタ。今までのPCは何だったのか。

以下構成と感想(?)です。

OS : Microsoft Windows 7 Home Premium 64bit(DSP)
CPU : Intel Core i5-760 (QuadCore/2.80GHz:TB時最大3.33GHz)
CPUクーラー : MUGEN∽2 無限弐 Rev.B (SCMG-2100)
マザーボード : GIGABYTE GA-P55A-UD3R REV2
メモリ : CENTURY MICRO CK2GX2-D3U1333/ELP (2GB*2)
内蔵HDD : HGST HDS721050CLA362 500GB 16MB S-ATA 7200rpm
GPU : PowerColor AX6850 1GBD5-DH
光学ドライブ : LG GH24NS50BL-B/K
PCケース : COOLER MASTER Centurion 5 Ⅱ SILVER
電源 : Seasonic SS-750KM 750W (80PLUS GOLD)

合計金額:101660円(税込)

構成を考えたらこれで十万+千円で済んだのはかなり凄い気がする。
将来的には6850でCrossFireってのも面白そうだなー。電源の公式ページ覗いたらi7-920+GTX295×2で高負荷時のエージングまでされていたし。6850なら余裕っぽい。こういうところで補助電源x1のメリットが


■パーツの選択理由他を追記。面倒臭がってたら凄く遅くなってしまった……

i5 760はi7 860からHT機能を削除したものといって差し支えないと思うけれど、HTいらねーって人にはi5 760のコスパはかなり魅力的で、私自身もそのクチです。現状でi5 760に力不足を感じるであろう状況が限定的である以上、その限定された部分に妥協出来るのであれば、他のパーツにお金回した方が幸せになれるんじゃないかっていうのが私の考え方です。もちろん予算と用途次第ではありますが。

CPUクーラー。i5 760はTDP95Wという事で、リテールクーラーでは高負荷時にかなり不安があります。相当煩くなるだろうし。サイドフローを前提に価格帯を調べレビューを漁って最終的に"夜叉"との2択になったんですが、重量を考えたらバックプレートタイプじゃないと不安という事で無限弐に決めました。結果は良好。静かな上に温度も室温20度でアイドル時AVG20度ちょい、TB発動時50度前後で安定してます。

マザボ。P55系は帯域不足の問題を抱えていますが、ブリッジチップ搭載モデルはAsrock以外ボッタクリ価格で手が出ません。AsusのP7P55Dは更にメモリの相性問題まで抱えているっぽかったので消去法で対抗馬のP55-UD3Rを選択しました。SLI非対応ながらCrossFireは可能なので、このマザーでマルチGPUを考えている人は基本的にRadeonを選択する必要があります。ただしCF時はx16x4での動作になる為そこは注意が必要かも。評判自体は良いですし高効率高耐久性が売りっぽいのでそこに期待してたり。

メモリは前回増設時密かに苦労したクチなので今回はちょっとだけ奮発して国産を選択。コンデンサー4個搭載&オリジナル6層構造&エルピーダチップという事でかなり割高ですが、そこはあえて安心感を買った感じです。

グラボは高コストパフォーマンス&消費電力と能力のバランスに優れたAMDのHD6850に。TDP19/127W。スゲー。補助電源1本では現状最強クラス。色々ベンチを回してみたけれど、しばらくはこれで十分そう。動画再生支援もあるしね。もしこの先力不足を感じたら、その時点で交換を考慮する方向でいいかなーと。ちなみにパワカラ製は初めてなのですがよく冷える訳でもなく静かな訳でもなく。素性は良いらしいので耐久性は高い方かもしれません。

電源。Seasonicの静音電源Xシリーズ。2次側に固体コンデンサを全面採用した80PLUS GOLD認証の高効率電源。12V62A。ハイブリッド・サイレントファンコントロール機能を搭載していて25度以下or低負荷状態ではファンが止まります。ミドルクラスのPCにハイエンド電源というアンバランスさですが、これは将来のグラボ変更を視野に入れた結果。って実はこれ頼んでいた物が出荷停止という事で上位代替として提案交換して貰った物なんですけどね。嬉しい誤算でした。

PCケース。これまで窒息ケースを使っていたせいで側面外しっぱなしがデフォになっていました。その反省から次はメッシュ系と決めていて、かなり最後の方までCM 690 II Plusを狙ってたんだけど……少々大きすぎるかと思い始めて次点候補を探していたところで前面メッシュかつ標準でフロント140mm・リア120mmのファンが付属しているCenturion 5 IIが浮上。調べてみると評判は悪く無いし、派手すぎず地味すぎない落ち着いたデザインが好みだった事もあってこちらに変更しました。実際使ってみて剛性感は少し薄いかなぁと。共振問題が顔を出したし。でもそれ以外は極めて良好。最重要だったエアフローはバッチリ。

というわけで、最後はCenturion5Ⅱの内部を別角度から
ケース上部に1つ、サイドに2つ120or140mmファンが増設可能。電源は最近多くなってきた底面設置。下部吸気背面排気になってます。ケース下部に1cm弱の足が付いているので窒息する事はありません
photo063.jpg
グラボ長は270mmまで。最下部の5インチベイを犠牲にすれば限界ギリギリのグラボも搭載可能かも?

photo064.jpg
裏配線とCPUクーラーのメンテナンスホールはこんな感じ。マザボを取り外さずにCPUクーラーの交換が可能。参考になるかな?

3.5インチHDDはツールフリーで取外し可能。スライディングレール方式。
photo065.jpg
HDD冷却も兼ねた前面140mmファンは透明で青色LED内蔵です。

BDドライブを別途導入するつもりなのでDVDドライブは一番安いのが付いてます。それと徐々に主流になりつつあるSSD導入も検討中です。128GBもうちょい安くならないかなー。

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

G2420HD

PCよりも先に液晶モニタが到着。低価格ながら評判は上々のG2420HD

E2420HDの方はHDMI周りに妙な不具合を抱えているらしい(?)ので注意が必要。ちなみにNTT-Xで約15k円ですた。2009年末の発売なので値段も相当こなれてきています。最初のうちは三菱のアレとかソレを考えていたんですが年末年始の散財が酷すぎたので24インチで最安値だったこれをチョイス。先人のレビューを見るに満足度は相当高いので安物買いの銭失いではないと思いますよ。うん。

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

新PCポチリました

SandyBridgeが目前という時期ですがメインPCが限界ぽいので仕方なく。とはいえ次世代CPUはどうやら自分に不要な機能ばかりが目玉みたいなので迷いはありません。欲しい時が買い時というのは全くもって真理だと思います。

ちなみに短命で終わる事が決定した1156で組みました。どうせCPUを入れ替えるなんて事はしないしのー。
Calendar
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。