スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ググれカス

清掃ボランティアに参加してきたんですが、そこで親に付いて来ていた子供達の会話で突然・・・

「ググれよ」

という単語が。え・・・今時の小学生ってこんなネットスラング使うんすか。常識っすか。・・・いや実際には笑いながら言ってましたが私の小学生時代と全然繋がらない単語で驚いたわー(^^;


スポンサーサイト

サンセベリア

うちにあるサンセベリアが花を咲かせました。まさか5年目にして突然花を咲かせるとは……。日中は閉じているんですが、夜になるとパカッと開きます。これが一見花に見えない色合いなんだけれど、姿形はそれなりに花をやっている辺りなんか面白い。なんというかギャップ?みたいな。
まぁそれはともかく花が開いた時に発する香りが結構キツイのが難点。悪い臭いじゃないんだけれど、刺激臭が強いというか。ここまで圧倒的な香りだと好き嫌いあるだろうなぁ。ちょっと嗅ぐには良いけれど、締め切った部屋にこの香りが充満するのはちょっと遠慮したい、そんな感じ。でも折角咲いたんだから、しばらく保ってくれるといいな。これから水絶ちの時期に入るだけに、どの程度咲いてくれるか判りませんが……。

Sansevieria002.jpg
Sansevieria003.jpg

乙嫁語り 1巻

ついに……キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
おすすめ平均
starsもう、色々とホレボレ
stars期待以上の趣味全開
starsエマのファンにも満足感あり!
stars「エマ」は結ばれるまでのお話。これは「結ばれたあとのお話」。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ようやく出ました森薫さんの最新作。待ち遠しかったー。やっぱりこの人の漫画は凄い。19世紀の中央アジア・カスピ海沿岸、テュルク系民族の生活がテーマとの事ですが、これがもう素晴らしい空気感。今のところ遊牧民と定住民の生活差を中心に描かれている感じですが、馴染みの薄い文化・風俗だけに、それだけでも強烈に興味をそそられます。しかも12歳で8歳年上の姉さん女房貰うとか……清々しいまでに趣味全開ですね(笑)まさに好きこそ物の上手なれ。衣装や背景の緻密さも相まって、これはもう森薫さんにしか描けない作品になっていると思います。というわけで大絶賛。お薦めです。

……それにしてもあとがきが相変わらず面白すぎるんですが!恒例の手書きアンケートハガキも健在。なんかこれだけでもニンマリしてしまうw


○参考リンク
“描き込み魔”森薫、新作「乙嫁語り」の制作過程をお届けコミックナタリー
森薫さんによる下書き~ペン入れの動画もあり。初めて見たけどやっぱ凄い。

連休中読んだ本の(超テキトーな)感想

連休中に3冊ほど読み終えました。有川浩さんの「ラブコメ今昔」、加納朋子さんの「少年少女飛行倶楽部」、西澤保彦さんの「パズラー」の3冊。

「ラブコメ今昔」は以前感想を上げた「クジラの彼」に続く自衛隊ラブロマシリーズ第2弾。この人の書くラブロマは本当にハズレが無い。ブルーインパルスを題材にした青い衝撃のみちょっと恐い話だったけれど、他はお馴染みの糖度で身悶えさせてくれました。しかし自衛隊のディテールは相変わらずガチなので、その辺のギャップを楽しみましょう。加納朋子さんの「少年少女飛行倶楽部」。読んで元気になれる小説。加納朋子さんの作品でミステリ以外の物を読むのは初めてかもしれない。タイトルや帯の文句から少々ファンタジーな展開も覚悟していたけれど、全然そういう事もなく、とても真っ当な青春小説でした。登場するキャラクターも魅力的で、中でも私はイライザがお気に入り。まさか加納朋子さんの小説でツンデレならぬ姫デレを見られるとは思わなかった。西澤保彦さんの「パズラー」。論理のアクロバット、堪能させて頂きました。楽しかったー。私は初期作品のファンで、とりわけ「人格転移の殺人」や「七回死んだ男」といったSF(?)的な設定を前提とした本格物が大好物でしたから、(例えノンシリーズ短編集であったとしても)こういう方向性はむしろ大歓迎です。この作品のお陰で色々な事を再確認できました。本格はある意味私の読書の原点ですから。

以上です。他ラノベ2冊も。アクセルワールド3巻と付喪堂骨董店6巻を読了。こちらの感想も気が向けばいずれ。

熊川宿

福井県若狭町鯖街道にある熊川宿に行ってきました。以前こちらで写真を上げた三重の関宿(参考リンク)や美山町のかやぶきの里(参考リンク)と同じく国選定の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。また、街道沿いに流れる前川は平成の名水百選にも選ばれています。

以下写真です。興味のある方はどうぞ。

続きを読む

Calendar
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。