スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IntelNIC

昨日の台風のせいで近畿地方全般が水没寸前orz
京都の桂川辺りがえらい事になっていましたが、うちのすぐ近くの川もモリモリ水位が上がっておりました。避難判断水位が+3.8m、はん濫危険水位が+5mなんですが、昨日はなんと最高+5.59m。堤防の計画高が6mなので、あと41cmで決壊しちゃうよ!というギリギリ感。堤防の高さが家の2Fより高いので、決壊したら2Fまで水に浸かるという恐怖感で気が気じゃなかったです。あと1時間雨が続いたらヤバかったかも……。


閑話休題。かなり前から悩んでいた謎の回線切れについて。YouTube動画を見ていたりPSO2をやっていると、突如回線切れで繋がらなくなるという問題。これまでは、回線切れの度に「ネットワークと共有センター」で問題を診断すると、最終的に「ローカルエリア接続アダプターをリセットしてください。」と表示され自動復旧するので、イラっとする以外は特に実害が無かった事もあり、結構長い間放置していました(「IPv6」関連の設定だけは試していたんですが改善に至らず)。原因はルータ、光アダプター、オンボの蟹チップのいずれかという事で、まずは一番安くて手軽なNICから導入して試してみることに。って説明長いなw

購入した品はこちら。Intel製。格安で売られているBUFFALOやIOの物は蟹チップである事が多いので、こういう場合は多少割高でも鉄板であるIntel製を買うのが宜しいかと。
インテル Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTインテル Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT

インテル 2012-08-16
売り上げランキング : 876

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
結果から言うとこれで正解だったようで、回線切れは全く発生しなくなりました。

それどころか回線速度まで上がるという嬉しい誤算。回線切れについてネットで調べた場合「PCがIPアドレスをちゃんと認識しない」というWindows7のバグに言及し、そこを始点に問題解決に至っている事が殆どですが、残念ながらそれらを試してみても駄目だった場合(特にLANがオンボードかつ蟹チップの場合)の対策として、(蟹以外の)NICを導入すると良い結果になるかもよ、という記事でした。以上!

スポンサーサイト

STOP: 0x00000050

今のPCになって二度目のトラブルに遭遇。ちなみに最初のトラブルはこちら

「STOP: 0x00000050」そして「CLFS.SYS PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA」

ブルースクリーンどす……。Windows updateでシャットダウンした後の起動中にいきなり発生。0x00000050なら前PCでも遭遇した事があるので、気にせずリセットを押して再起動。しかし今回は何度再起動しても0x00000050でSTOPするじゃあーりませんか。最小環境のセーフモードでもダメっちゅーね。この時点で面倒くさい事になりそうな予感がプンプン。

まぁ0x00000050の場合はメモリかHDDが疑わしいって事だけは知っていたんで、まずはMemtest86+でチェック。3ループさせても異常なしだったので、これはHDDが原因に違いないと確信。「あぁ面倒臭い」と思いつつまずは再インストールを試す事に。BootをDVDドライブに変更してインストールディスクからOSを起動しようと……ほげええ。インストールディスクからの起動でも0x00000050でSTOPするじゃないかー(;´Д`) これでは何も手出し出来ないじゃん、と途方に暮れたのでありました。なんせサブPCはSATAが繋がらない程のボロでんねん……。しばらく考えて結局HDDを買わないとどうにもならないという結論に。ボロPCからkonozamaでHDDを注文してその日は終了。

いやー、結果としてHDDが原因で間違いなかった=HDD交換でちゃんと起動するようになった。……のだけれど、新しいHDDを何も考えずというか、勢いで選んだせいで、もう一回途方に暮れる事になってしまった(;´Д`)

ちなみに購入したHDDはseaGateのST500DM002というモノ。7200かつ1プラッタ500GBであれば何でも良かったんだけど、4Kセクタ(AFT)ってとこを見逃していたというオチ。思いっきり書いてあるのに! …知らない人も居ると思うので説明しておくと、4kセクタHDDの場合、そのままではWindows updateやWindows Deffenderが全く動作しなくなるという問題がある。結果的にはインテル・ラピッド・ストレージテクノロジー(RTS)の"最新版"を導入する事で解決するんだけれど、自分の場合はマザボのドライバディスクから既にインストールされているのに何でダメなんだ? とアホみたいな事を小一時間……。VER違いの罠にハマっておりました。そこに気づいてからは、とりあえずここのkin0氏の回答にある"Repair.bat"を作成して実行する方法でなんとかWindows updateが可能になりますた。やれやれ。

結論としては「RTSの最新版を入れずにやっても無駄」なので、ここで詰まってる人はまず先にRTSの最新版を入れてからbatを作成・実行するようにすると幸せになれると思うよ!

さー、あとは環境の再構築だー。これが一番面倒臭い気はするけれど、まぁ2年近く使ったOSをクリーンインストールしたと思えばちょっとは清々しいかなー、と。まぁ新しいHDDから起動さえすれば前のHDDも普通に覗けるんで、そっからサルベージすれば結構早く復旧できるだろうし、クラッシュした時よりか気分的にはかなりマシかな。

GTX670と690

GeForceのボッタクリが酷い GTX670 約4.5~5万円、GTX690 約12万で発売(Newslog+)

ひゃあ~!予想通りとはいえやっぱり高い。400ドルが5万弱、999ドルが12万前後っていくら代理店にお布施が入るとしても、為替レートを考えたらちとお高い気がする!680の時はNVIDIAから値下げ要請が来たらしいけど今回はどうだろうか(笑)

しかしゲーマーの大多数は660Ti辺りを待っていると思うんで、この辺りのクラスは実質関係無い話ではありますね。数がそんなに出ないからこその価格という感じではあるし。しかし肝心の660Tiの登場が第3四半期って言われているので、PSO2のサービスインと同時にこれで組むというのは現実的じゃなくなりましたね。自分の場合は6850で踏ん張りつつ年末まで660Tiを待つか、値下がりした7850を買うかのどちらかになると思うんですが。

ダブルグリスバーガー

IvyBridge、まさかの高発熱。インテルもセコイ事しますね。別に熱伝導材にサーマルペースト使うのが悪いわけじゃないけれど、熱伝導率5W/mK程度の物を使うとか。しかも熱問題の原因はこれではない可能性もあるようで。そうなると更にややこしい。何にせよサンプルで不本意な形で話題になってしまった以上、製造時にはある程度改良される事になるとは思うけれど、熱関連の情報が確定しない現状では(特にKモデルは)SandyBridgeが最良の選択肢と言わざるを得ない。それが嫌なら製品版の確定情報を待つべし?いやぁ、やっぱり何でも初物は怖いなぁ。

追記:グリス関係無さそうな流れ。3Dトライゲートトランジスタの採用で熱移動が上手くいかなくなっている、という予測が当たっているのなら、これはもうCPUクーラーの性能を発揮させる以前の問題に。そりゃコアからクーラーに上手く熱が伝わらないんじゃなぁ……。とりあえず後はインテルの公式なコメントを待つしかないのか。

追記2:結局グリスで確定ぽい感じ。Impress Watchで殻割りグリス塗りなおし定格ロード時-10度の検証記事が出てしまった(;´Д`)intel…

久々にPCで酷い目にあった

結局OSを再インストールして環境再構築中です。何をやったのかって?それが実はmemtest86+を2ループ回しただけなんです。その程度の事でなぜOS再インストールするハメに陥ったのか。それについてはまた後日追記する事にします(;´Д`)

(以降追記)

メモリを増設するにあたって、memtest86+を使って動作チェックをする。どうって事のない作業。私も過去に何回もやってる経験上特に何も考えず始めました。ただ、今回のPCにはFDDが無いのでISOイメージの方を落としてCDに焼いて、という違いがある位で。

しかしそれが間違いだったのか何なのか……流れを書いてしまうと

1.BIOS設定でFirstBootをCDに変更
2.同様にAHCIモードをIDEに変更(AHCIモードでは動作しない為)
3.CDからmemtest86+起動、2ループ正常終了
4.ESCでmemtest86+終了
5.BIOS設定に入りFirstBootをHDDに戻す
6.同様にIDEモードをAHCIに戻す
7.PC再起動するも「loading operating system...」で止まる
8.何回やってもそこで止まる(30分放置してもそのまま)
9.IDEモードでも起動しない

うわぁ……ってのがその時の正直な気持ちです。仕方なくOSのインストールディスクを用意してDVDからBoot、スタートアップ修復を試しても「どこにもエラー無いよ!正常だよ!」との結果。「そんなわけないやん…」と思いつつ、今度はシステムの復元で3日程前の復元ポイントへ。でも変わらず。何回もBIOS設定を見なおしてみてもどこもおかしな部分はない。「やっぱりMBRかなぁ」と思いつつ、今度はコマンドラインを起動しBootrec /fixboot, Bootrec /fixmbrを実行、どちらも正常終了するが何も変わらず。ただしインストールディスク入れておけばOSの起動は可能……これはもしかしてドライバが関係しているのかな?と思いつつちょっと調べてみたら、Windows7なら「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci\Start」の値のデータを0に変えるとIDE・AHCIどちらでも自動でドライバ導入してくれるよ!ってな情報が出てきた。でもうちの場合、ここ最初から0になってるんだよね……。その後「EASEUS Partition Master」の「Rebild MBR」を試すも玉砕。

詳しい人なら簡単に解決してしまいそうな気配はあるものの……私レベルの知識ではここが限界と感じ、再インストールしか手段を思いつかず現在に至る、と。そんな感じです。

ちなみに環境についてはこちらを参照してください。

いやーやっぱり覚悟してたけど再インストール面倒臭ぇ!XPの時より簡単になったとはいえ、Windows updateだけでアホみたいに時間かかるし。500MB近くあるんじゃないのあれ。しかも何回再起動すんのよ、と。正直年1回再インストールしてる人って凄いなぁと思った……。
Calendar
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
INFORMATION

紗夢@こがね

  • Author:紗夢@こがね
  • アチラとコチラ。 境界線上というあやふやな立ち位置に、どうか幻惑されませんように。
ENTRIES+COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND

4163216502
星々の舟 Voyage Through Stars
村山 由佳
4048734741
生首に聞いてみろ
法月 綸太郎
天地明察
天地明察
冲方丁
4047260762
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森薫

RSS1.0
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。